レイボエクソスケルトン

無動力ながらしっかりアシストを実現

レイボエクソスケルトン

株式会社加地

オランダで開発され、アジア圏総販売代理店である開発メーカーの株式会社加地によって、アジア人の体格向けにしっかりと調整されたアシストスーツです。
上半身を前屈させることで、ストラクチャーと呼ばれる支柱を通じて腰部ユニットに力を蓄えられアシスト力を発揮してくれる非動力式のタイプです。


胸の部分に位置するチェストパッドと大腿部のレッグパッドで、前屈時の身体のバランスを整えて、身体を支える構造になっています。
装着者のかがむ時に蓄えたパワーを、中腰姿勢が続く際には支え続ける力に、再び身体を起こす際には持ち上げる力に利用する、エネルギー回生システムを採用しています。


他機種と異なり、後ろから引き上げる方式ではないため、肩への負担がなく、腰椎への負担も軽減される仕組みです。
また、回旋動作やしゃがむ姿勢にも追随するので、装着の違和感が少ないモデルです。

画像引用(https://laevo.jp/)

タイプ価格(税込)  原理レンタル
動力なし・外骨格タイプ50万円前後支柱構造体(ストラクチャー)    なし

主な業種:製造業・物流業・農業・介護など
サイズ
4種類(身長150~180㎝に対応)
重量:約2.8㎏
中腰サポート:あり
使用場面:屋内・屋外
特徴:簡単装着であらゆる動作を自然に

   チェストパッドには圧力分散に長けたエクスジェルを内蔵
   座る際はアシストON/OFF機構を切り替えるだけ
   アウター衣服の内部に着用することが可能

【装着の感想】
ストラクチャーを利用し、腰部ユニットに内蔵されたガススプリングの復元力を利用したアシスト形態です。
前へ屈む際は少し力が必要ですが、ストラクチャーからの反発が心地よくクセになります。
アシスト力はかがむ力や装着者の体格などにより異なりますが、ちょっとした動作でもアシストを実感できます。

アシストスーツ装着デモ受付中!

シーエフロボタスでは、これまでのアシストスーツ導入支援の経験上、
いきなり装着デモをすることはおすすめしていません。
どのような作業内容でアシストスーツを使用し、解消したい課題についてのアウトカムを設定して導入から活用・定着までをスムーズに進めていけるように支援するスタイルをおすすめしています。

アシストスーツをしっかりと使いこなして、そこから得られる作業者のメリット、事業所のメリット、法人全体へのメリットをしっかりとビジョン化してアシストスーツの選定から導入計画の立案、活用から定着までをすすめていきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!