株式会社シーエフロボタス

日本生まれの福祉機器が海外でも大人気!【PR記事】

リハビリ&レクリエーションシステムTANOをご存じだろうか

Sponsored by TANOTECH(株)


2013年の発売から、ほぼ毎年新バージョンをリリースし、導入実績は国内180台、海外150台と日本国内だけでなく台湾をはじめとするアジア各国でも人気になっている。

現在は2021年バージョンが6月に公開予定だ。

このTANOは、福祉施設やリハビリテーションの現場で使うことを想定したモーションセンサーを利用した新しいリハビリ&レクリエーションシステムなのである。

対象はこどもから大人、高齢者までと幅広く、「楽しんでいたらいつの間にか身体を動かしていた」というのがTANOの特徴。

TANOの周りには自然と人が集まり、年齢を問わず笑顔のコミュニティが広がっていく。

TANOはコントローラーを持たずセンサーの前に立つだけで、身体の動きや音声に反応して直観的に楽しめる工夫がされている。
自分の身体がコントローラーとなり、運動発声脳活性化トレーニングができるゲーミフィケーション要素を持った自立支援システムだ。

海外では、台湾・香港・中国・韓国などで好評を博し専用のメニューが各国それぞれでラインナップされるほどである。
国内では、厚生労働省 介護ロボット導入補助金の対象ラインナップとしても名前を連ねている。

こんなコラボレーションも実現している。

サイバーダイン傘下のロボケアセンターでは、ロボットスーツHALを装着してTANOを楽しむというコラボプログラムも行われている。

|開発者の三田村社長に話を伺った

—–写真———

開発者:三田村勉氏 (株式会社TANOTEC 代表取締役)
10歳からプログラミングを始め多くの雑誌に掲載される。 小学校時代の演劇クラブで老人ホーム慰問公演を期に福祉と演劇の道を歩む高校1年生の時に「塾ゲーム」にて全国コンテストに入賞、以降、ソフトバンクOh!FM等に定期掲載
趣味:演劇鑑賞・釣り・麻雀・カラオケ

・TANOが生まれたきっかけは?
・リハビリや介護現場の反応は?
・アジアでも人気ということですが?
・2021年版はどこに注目でしょう?

|開発に関わるプログラマーからは

—–写真———–

〇〇氏 (入社2年目)
プログラミング教室で三田村氏と出会う。
以降、人が笑顔になるプログラムを書くことを目標に進学。
令和元年TANOTECH入社

・TANOの開発に関わってどうですか?

|TANOは単にゲーム通して汗をかく ということではない。

TANOをより効果的に、リハビリテーションや機能訓練に役立てるため、理学療法の専門家がプログラムの監修を行っている。
もちろん、介護保険施設や地域在住高齢者等での実証実験によって、効果の検証測定はしっかりと行われているのだ。

|姿勢測定+運動のAIシステムに注目!

TANOには、さらに測定メニューというものが存在する。
測定メニューには、姿勢測定や片脚立ち、3m歩行なども測定することができる。
なかでも、姿勢測定ができる「ケアピっと」との連動により、モーションセンサーで姿勢測定をすると、
内部のAI判定により、いま測定した姿勢の状態に合わせたおすすめの運動メニューが自動ではじまるという仕組みになっている。

つまりこういうことだ。
前に立つ → 姿勢を測る(この間3秒)→ 内部判定 → おすすめ運動メニューが開始


TANOの前に立つだけで、測定から運動まで、自動で実施されるというから驚きである。
いまやトレンドとなっているAIシステムを組み込み、人手不足で悩む介護現場にもやさしいシステムの設計となっている。

|そんなTANOを無料体験できる拠点が増えているのでお知らせしておこう。


・ロボテラス
・公益財団法人 東京都福祉保健財団
・WORLD ROBOTEC
・鈴鹿ロボケアセンター
・大阪ロボケアセンター
・神戸ロボケアセンター
・大分ロボケアセンター
・サイバーダイン スタジオ

※見学・無料体験についての応対は各施設の状況によります。

☆日本国内・国外でも人気の新感覚リハビリ&レクリエーションシステムTANO☆

【基本セット】モーションセンサー・制御システム(PC)・二次元コードリーダー
【可動台セット】基本セット + 可動台・モニター

【問合せ先】株式会社TANOTECH

ひとつの商品名で発売してからも、これでもか、というほど開発に時間を割き、ほぼ毎年新バージョンを投入している。
TANOが導入された現場に関わる全ての方に笑顔が見られるよう、開発者の想いが歳月を経て形になっていくのであった。

Sponsored by TANOTECH(株)

この記事を書いたのは Robo+.net(ロボタスネット):逢坂大輔

こちらも合わせてご覧ください

back to page top