サポートジャケットBb+FIT CARE TYPE

介助用フロントカバーを付属した病院・介護向け

サポートジャケットBb+FIT CARE TYPE

ユーピーアール株式会社

導入相談受付中!

サポートジャケットBb+FIT ケアタイプの特徴は?

1.腰の負担を軽減
移乗介助や歩行介助等の業務における腰や身体の負担を軽減します。
着用時の脊柱起立筋の筋活動が平均31%軽減されます。

2.パーツ接触のリスク回避
前面をフロントカバーで覆うことで、アシストスーツのパーツが介助される方の顔や頭に接触するリスクを回避します。

3.接触部位の負担軽減
胸部に厚手の生地を用いて、接触時に生じる負担を軽減するよう設計されており、より快適な介助を実現します。

4.胸部や腹部の目立ちをカバー
あらゆる用途において課題となっていた、胸部や腹部の目立ちを前面のフロントカバーによって改善します。

画像提供(https://www.upr-net.co.jp/suit/)

タイプ価格(税込)  動力レンタル
動力なし・外骨格タイプ5万円以内  なし  なし

主な業種:医療・介護施設・在宅介護
サイズ
:M・L・LL
重量:約600g
中腰サポート:あり
使用場面:屋内
独自機能と特徴:

1.フォームナビ機能
第二の背骨が、背骨と腰の理想的な姿勢へと誘導し、体幹の前傾角度を抑える作用によって背中や腰部椎間板への負担を軽減してくれます。
2.ランバーサポート機能
大きな腰ベルトで背面から腹部を包み込むことで腹圧を保ってくれます。
3.マッスル機能
大腿部後面のマッスルベルトで、脚の筋肉を補助し作業での前屈姿勢や起き上がりの力をアシストしてくれます。

4.ボーン着脱式機構
第二の背骨(ボーン)取り外し可能な機構を採用。洗濯後の本体取り付けも簡単です。
5.腰ベルトフィッティングシステム
ダイヤル機構を採用。腰ベルトの締め付け調整が簡単です。

介助用フロントカバーへのネーム入れ・色指定も可能です。

アシストスーツ装着デモ受付中!

シーエフロボタスでは、これまでのアシストスーツ導入支援の経験上、
いきなり装着デモをすることはおすすめしていません。
どのような作業内容でアシストスーツを使用し、解消したい課題についてのアウトカムを設定して導入から活用・定着までをスムーズに進めていけるように支援するスタイルをおすすめしています。

アシストスーツをしっかりと使いこなして、そこから得られる作業者のメリット、事業所のメリット、法人全体へのメリットをしっかりとビジョン化してアシストスーツの選定から導入計画の立案、活用から定着までをすすめていきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!