マッスルスーツGS-BACK

2022年8月発売の新製品!

マッスルスーツGS-BACK

株式会社イノフィス

「手荷役の、荷を下ろす。」

荷捌きや運搬作業など、機械化や自動化が出来ない「手荷役」作業をより軽やかに実現できる新製品です。

イノフィス社の代名詞でもあったエアを注入する人工筋肉によるアシスト方式から、左右の腰に位置するガススプリングの力によるアシスト方式へと変化しました。
そのため背中部分の大幅カットを実現し軽量かつ暑さ対策にもうれしいデザインとなっています。

これまでのタイプではしゃがむ動きや歩くときに太腿パッドが窮屈になり、動きづらさが出てしまうことが難点でした。
GS-BACKではしゃがむ動作を妨げず、床に積まれた荷役の運搬作業も楽に行うことができるように工夫されています。

無料お試しの導入トライアルは下記リンクよりご覧ください。

画像引用(https://innophys.jp/product/)

タイプ価格(税込)  原理レンタル
動力なし・外骨格タイプ15万円前後ガススプリング式    なし

主な業種:製造業・物流業・倉庫業・農業など
サイズ
2種類(身長150~185㎝に対応)
重量:約3.3㎏(カバー含む)
アシスト力:13㎏f
使用場面:屋内・屋外
特徴:歩く・しゃがむ動作を極力妨げない

   安心の防水防塵 IP56
   電力不要

【その他】
エアの注入やしゃがみ動作などの不便が解消された製品であると感じます。
手積みでしか対応できない倉庫作業や積込み作業など、狭い作業環境でも外部に干渉しないよう無駄を省いた設計がなされている印象です

軽量タイプのアシストスーツは農作業などの女性が多い現場でも大活躍してくれるでしょう。

アシストスーツ導入相談受付中!

シーエフロボタスでは、これまでのアシストスーツ導入支援の経験上、
いきなり装着デモをすることはおすすめしていません。
どのような作業内容でアシストスーツを使用し、解消したい課題についてのアウトカムを設定して

導入から活用・定着までをスムーズに進めていけるように支援するスタイルをとっています。
持ち上げ作業にアシストスーツを使用するだけでは、十分な活用とはいえないと考えています。

アシストスーツをしっかりと使いこなして、そこから得られる作業者のメリット、事業所のメリット、法人全体へのメリットをしっかりとビジョン化してアシストスーツの選定から導入計画の立案、活用から定着までをすすめていきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!